戻る
タイトル サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路・バスクの道 写真展(主催:三重県 共催:三重県立熊野古道センター)&企画展「聖ヤコブへ続く巡礼の道」
開催日・期間 2020年12月5日(土) ~ 2021年1月31日(日)
対象地域(市・町) 全国
内容詳細 2019年11月、三重県とスペインバスク自治州との間で「産業交流」「食の交流」「巡礼路の交流」のそれぞれの分野で、具体的な協力・連携事項について合意し、「巡礼路の交流」に関して、スペインの世界遺産「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」のバスク自治州内を通る「カミーノ・デ・サンティアゴ北の道」(2015年世界遺産追加登録)と三重県内の熊野古道伊勢路との間で、相互交流を促進するために「道の協力・連携に関する覚書」を締結しました。
これを記念して、スペインバスク自治州内の世界遺産を多くの人に知っていただくために写真展を開催します。
また、この写真展と並行して企画展「聖ヤコブへ続く巡礼の道」を開催します。1993年に「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」としてユネスコの世界遺産に登録され、「紀伊山地の霊場と参詣道」と並び、世界でも珍しい道の世界遺産としても知られています。本展では、追加登録されたスペイン北部の巡礼路及び巡礼道を取り巻く人々の間で何世紀にもわたって続いてきた様々な文化や精神性などの交流について紹介します。
付属事業:講演会「カミーノ・デ・サンティアゴ~バスク北の道」2020/12/19(土)13:30~15:00 講師:金塚多佳子氏(日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会理事長)入場料:無料 定員:100名(要申込・先着順)会場:交流棟大ホール 受付期間:2020/11/1~12/18
対象分野 学術・文化・芸術・スポ-ツ  国際協力・交流 
場所 三重県立熊野古道センター・展示棟
(三重県尾鷲市大字向井12-4)
定員 コロナ対策『三重県指針』に沿って開催します(約80名)。場合によっては、入場制限を行います。
料金 無料
お申込み方法 とくになし。付属事業の講演会は、要申込・先着順です。
団体名称 熊野古道自然・歴史・文化ネットワ―ク
住所 519-3625
三重県 尾鷲市 向井12-4 三重県立熊野古道センター 
電話1 0597-25-2666
FAX 0597-25-2667
Email info@kumanokodocenter.com
最終更新日 2020年11月11日(水)
情報提供元 熊野古道自然・歴史・文化ネットワ―ク
戻る