戻る
タイトル アジア・市民交流助成/
独立行政法人国際交流基金アジアセンター
受付期間 2021年 04月 01日 ~ 2021年 09月 15日
対象地域 全国
対象団体区分 任意団体
対象団体 ア 日本に活動拠点をおく団体であること。
  個人に対する助成は行いません。
イ 事業を計画に従い遂行する組織体制を有していること。
ウ 申請団体名義の国内銀行口座を保持していること。
 もしくは助成金の受諾までに開設できること。
エ 各種提出書類の作成及び国際交流基金との連絡を
  日本語もしくは英語で支障なく行えること。
オ 「独立行政法人国際交流基金反社会的勢力への対応に関する規程」
 (平成27 年度規程第52 号)第2条第2項第1号に定める反社会的勢力に該当しないこと。
対象活動 日本及び ASEAN10 か国(インドネシア、カンボジア、シンガポール、
タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス)
の人々が主体となって実施される、国境を越えた人の移動を伴わない共同事業。
日本及び ASEAN10 か国が主対象で、日本からの参加があれば、
多国間の交流事業でも対象となります。
また日本国内に居住する東南アジアの人々との協働で行われる、
多文化共生に資する文化交流事業も対象に含みます。
対象分野 学術・文化・芸術・スポ-ツ 、人権・平和 、国際協力・交流 、多文化共生
助成金の額
(表彰内容)
(1) 助成額
1 件あたり200 万円未満

(2) 助成対象項目
下記A~E の項目を助成します。
アジアセンターは事業経費の全額を助成することはありません。
財源にアジアセンター以外の資金(自己資金、他の財源や助成金等)が
あることを申請の条件とします。
民間企業からの協賛金や、民間の支援団体・地方公共団体等からの支援金・
補助金等は積極的に活用の上、資金調達を計画してください。

<助成対象項目>
A 国内旅費
B 謝金
C 会場・機材使用料
D 広報費・資料作成費
E 運営管理費
応募方法 【E メールの場合】
・必要書類を番号順にそろえ、データ一式を指定ファイル形式でZIP ファイルにし、
 E メール添付(30MB以内)にて提出してください。
 30MB を超える場合は、分割して送信してください。
 Dropbox 等のファイル共有サービスは使用できません。
・所定の書式があるもの(申請書、予算書、同意書(未成年の場合))については、
 もとのファイル形式(Wordないし Excel)とともに、
 PDF 変換したものを提出してください。
 PDF 変換ができない場合は、データとともに紙媒体でも提出ください。

<紙媒体で提出する場合の郵送先>
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-6-4 四谷クルーセ
独立行政法人国際交流基金 アジアセンター文化事業第2 チーム アジア・市民交流助成係
・申請書を受理しましたら、3 営業日以内に受領確認メールを送信します。
 受領有無に関する個別の問い合わせには対応しません。
問い合わせ先 独立行政法人国際交流基金 アジアセンター文化事業第2 チーム アジア・市民交流助成係
住所 160-0004
東京都新宿区四谷1-6-4 四谷クルーセ 
Email jfac-grant-pp@jpf.go.jp
URL1 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/people-to-people/
URL2 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/
備考 ・ 9 月15 日(水)17 時必着です、直接持込みはできません。

・国際交流基金本部では、全ての職員が週数回の在宅勤務を実施しているため、
 極力電話ではなくメールでお問い合わせください。
最終更新日 2021年 04月 08日
最終更新者 みえ市民活動ボランティアセンター
戻る